この年になってカブトムシについて新たなことを知る

この夏、カブトムシをペアで手に入れました。

子どもが欲しがったためですが、カブトムシを飼うのは小学生以来です。

購入するまでは全然興味がありませんでしたが、手にした途端に一気に童心に帰りました。

この感覚、久しぶりです。

それ以来、毎日欠かさずケースを眺めています。上から眺め、横から眺め、もう家族みたいなものです。

童心と言えば「夢降るラビット・タウン」を思い出します。ウサギや人間、がい骨が暮らしている不思議なストーリーのマンガです。今でもときおり読み返して童心に帰ります。

この童心という感覚、仕事の上では非常に大切だと思っています。仕事にワクワクした感覚を持ち続ければストレスが溜まりません。月曜日を楽しみに待つこともあります。

何より新しい事業にチャレンジしたい、こんな仕事を創り出したいと考えているときは、まるで遊んでいるかのような錯覚を覚えます。でもどうすれば意図的にそんな感覚に持っていけるかというと正直よく分かりません(笑)。

オスとメスの性格など

メスをよく見ると、前足の片手が途中で切れていました。そのため両方の前足でグンと踏ん張るような姿は見られません。

何だか可哀そう。頑張れ!と応援したくなります。

でも元気です。ケースの中を高速で歩き回り、ときおり羽を広げてブンブン言っていました。

一方、オスは物静かです。メスとは随分と性格が違うようです。「性格が異なるからこそ二匹は合うのでは」と何の根拠もなく期待しました。

しかし家に来た初日、オスが寄ってきたメスの下に角を差し込み、そのまま後方へブンと投げ飛ばしたのを目撃しました(驚)。

メスは半回転して土の上に飛ばされました。あぁ。

今回、ダイソーを中心に「飼育ケース」と「植物用の土(腐葉土と記載されている)」と「ゼリー」と「枯れ木?」等を購入し、形はなんとか整えました。

後で「植物用の土」は色々な物が混入しており何か違うと気づき、改めて純粋な「腐葉土」を購入して入れ替えました。

ケースに入れた後、よく見ると「植物用の土」には黄色い粒などがたくさん入っていました。ネットで調べてみるとカブトムシにとっては良くない成分のようで、「腐葉土」と書いてあっても色々あることを知りました。

また、農協の女性の店員さんがカブトムシに詳しく、カブトムシの幼虫は「腐葉土」を食べて大きくなるので、良い「腐葉土」を使った方がいいとのこと。聞いているときは「幼虫が腐葉土を食べる? 土を食べる?」と半信半疑でしたが、やはり後でネットで調べてみると本当でした。農協の方はみんなあんなに詳しいのでしょうか。さすがです。

カブトムシの寿命は約1年らしい

10月も半ばの今でもオスの方は生きています。

ただし、だいぶ動きは鈍っています。

もうケースの中で羽を広げて飛ぼうとする気配は一切ありません。蓋を開けていても逃げることはないでしょう。

エサは少量ですが食べてます。

上から覗いていると、今でもときおり角をブンと振って威嚇してきます。これが人間と同じサイズだったら何と恐ろしいことでしょう。

メスは残念ながら9月の終わりに死んでしまいました。代わりに小さな白いタマゴを40個ほど残していきました。

そんなに産むものなのかと驚きましたが、ネットで調べると普通のことでした。

半分ほど孵って幼虫になっています。しかも気づかないうちに成虫と同じケースの中でふ化しているものもいました。

その幼虫も驚くべき速さで大きくなってきました。生まれたときの数十倍の大きさに成長しています。

本当に「腐葉土」をむしゃむしゃと食べているようです。他は何も与えていませんから。

数が増えたためケースは1つでは足りず、今では8個になりました。

カブトムシは自分の子どもが大きくなるのを見届けないうちに死んでしまうんだなあ(寿命は1年のみ)と思うと感慨深いものがあります。

こんな記事も書きました。

好奇心がある人、好奇心がない人で人生は大きく差が開いていく

雑談のすすめ。くだらなければくだらないほど良い