【考察】なぜ仕事が出来ない上司が存在するのか考えてみた

みなさんが働く組織の上司は、全員優秀でしょうか。

そんなことはありませんよね。

必ず優秀ではない上司が組織の中にいます。

そこで、なぜ優秀ではない人が上司となるのか、考えてみました。

▼以下は以前に書いたツイッターです。

こんな人も上司となる(具体例)

必ずしも管理運営能力がある人が上司になるわけではない、という例えを挙げます。

以下のような社員Aがいたとします。

・一人でバリバリ仕事を進める。

・気が強い。

・知識もそれなりに豊富。

・上司との関係も良い。

・成果も出している。

上司としてはこんな部下がいると有り難い

上司は仕事が進んでいれば文句は言いません。

この部下Aを優秀だと思うでしょう。

特に上司との関係性も良ければ、手放したくないでしょう。

しかし、実はAには計画性が無かったらどうでしょう。

行き当たりばったりのところがあるとしたらどうでしょう。

いつも仕事を一人で行っているため、周囲はそのことに気付きません。

遠回りな無駄な時間を費やしていることも多いのですが、誰も気づいていません。

周囲はみなAを優秀だと思っていました。

優秀だと思われていれば出世する(してしまう)

やがてAは出世し、上司となりました。

表面的には評価されていたので当然なのかもしれません。

その後どうなったか。

Aが上司となった組織は混乱し始めます。

組織全体が上手く回らなくなったからです。

上司となったAはここでもバリバリ仕事を進めました。

決して手を抜いていません。

他の部署から見ると、やっぱりAは凄いなと思うかも知れません。

そのため、その組織の混乱は、他の部署から見るとこのように見えました。

だってあの人が上司でしょ。部下が悪いんじゃないの」と。

求められている能力が異なる

しかし以前と異なり、今度はAは上司としての立場です。

仕事で求められている能力は平社員とは全く異なります。

今度は「組織全体をいかに上手く回すか」が問われます。

繰り返しになりますが、Aには計画性という能力が不足していました。

つまり、平社員としては優秀ですが、管理職としては優秀ではなかったのです。

元の上司がこのAを部下としても管理職としても優秀と判断したのが間違いでした。

・Aは部下としては優秀で間違いありません。

・Aは管理職としては優秀ではありません。

出世する人の条件

みなさんの周りにもそんか上司がいると思います。

何故こんなことが起こるのかまとめてみます。

出世する人の条件です。

1 昇進試験が得意だった

2 管理運営能力は無いが、部下としては優秀だった

3 上司に気に入られてた

1「昇進試験が得意だった」はよくあることですが、はっきり言って無意味です。

「試験に強い人」が「管理能力が高い」とは限りません。

昇進試験で良い点数を取るのは勉強を頑張った人です。

勉強が得意な人です。

または多忙ではない部署の人です。

多忙な部署や子育てで忙しい人が、昇進試験に時間を費やすことは出来ません。

知識量で勝負する部署なら良いのかも知れませんが、管理能力が高いかどうかは関係ありません。

2「管理運営能力は無いが、部下としては優秀だった」は先ほどの例で挙げた条件です。

昇進試験が無い会社だと上司の評価次第なのではないでしょうか。

3「上司に気に入られてた」も管理能力が高いかどうかは関係ありません。

この3つの中で一番最悪な場合かも知れません。

そんな人ばかりが出世する会社であったら、本気で転職するのも考えた方が良いのかも知れません。

▼以前に書いた記事です。

【仕組み】昇進試験、また落ちました。(6回目)給料も上がらなくなってきて、モチベーションはどうすれば保たるのか

どうすれば管理能力がある人を選べるのか

部下の出世について上司が判断してしまうと、どうしても私見が入ってしまいます。

誰だって自分の部署から昇進する部下を出したいと思うでしょう。

それは仕方のないことです。

そうならないための理想は、人事部が全社員の能力を完全に把握することです。

常日頃から情報を集め、管理運営能力等があるのかどうか判断することです。

人事部がその点に真剣に取り組んでいる会社は、きっと優秀な会社な会社ではないかと思います。

だからこそ、人事部に配属される社員はエリートコースとも呼ばれるのですね。

こんな記事も書いています。

【効率化】昼休み、10分早めるだけでレストラン並ばなくて良く料理も早く出てくる

仕事術:その仕事のマニュアルは新人でも分かるよう作成されているか