仕事ができない上司(部下には3つのメリットにもなります)

 上司なのに仕事ができない。上司が組織を管理できない。

よく聞く話です。上司は管理能力があるから出世したわけではありません部下として優秀だから出世したわけです。

そのため組織内で働いている人には何も珍しい話ではないでしょう。組織は必ずしも最適化されているわけではありません。

「あんな上司の下で働くなんてもう限界だ。転職してやる!」と思っている人は、最後にもう一度だけ考えてみてください。

・上司はそのうち異動します。

・あなたもそのうち異動します。

・そもそも「上司は必ずしも優秀である」という考えは間違っています。

そうは言っても、仕事ができない上司の下に付いた場合は不運としか言えません。部下として、努力だけではどうすることもできない部分があります。

しかしデメリットばかりではありません。むしろメリットに目を向けてみましょう。

上司が無能だからこそ、3つのメリットもある

①上司になったつもりで仕事を考える

部下として、上司が管理できない様子を常に見ています。上司が失敗する様子を常に見ています。

「あの場合はどうしたら良かったのか?」、「この場合はどうしたら良かったのか?」と、自分が上司になったつもりで考ます。

上司を反面教師にすることで、自分の成長に役立てることができます。

②上司に意見を上げやすくなる

上司も自分の上司力が低いことは自覚しているはずです。仕事を失敗している上司ほどそう感じているはずです。

そのため、自分の仕事をチェックしてくれる部下や、様々な提案をしてくる積極的な部下がいたら心強いと思うでしょう。

部下として上司をサポートすることで信頼関係を築けます。信頼がおける部下であれば、部下からの意見も聞いてくれるでしょう。

③出世しやすくなる、かも知れない

上司Aのもう一つ上のポジションにいる上司Sは、Aの仕事力の低さを明確に分かっています。

そこでSはどう考えるか。Aが期待できない以上、部下に注目します。

Aを上手く持ち上げつつ仕事をこなせれば、AにもSにもアピールとなります。そして出世のチャンスとなる、かも知れません。

仕事が出来ない上司の下についてしまうのはよくあることです。これは組織の中で働いている以上、仕方ありません。

そのような状況下で上手く立ち回れることも、組織人として重要な能力の一つと考えます。

どう上手く対処していくか自分でできることを考え、デメリットをメリットに変えていきましょう。

こんな記事も書いています。

【考察】なぜ仕事が出来ない上司がいる(出世してしまった)のか考えてみた