【仕組み】昇進試験、また落ちました。(6回目)給料も上がらなくなってきて、モチベーションはどうすれば保たるのか

先日昇進試験がありましたが、またしても不合格でした。

同期はだいたい10年前には出世し、さらにそこから上にも出世していますので、差は広がるばかりです。

さすがにこの歳で平社員ですので、給料はもうほとんど上がらなくなってきました。同じような年齢で平社員の人たちはモチベーションが低下しているような気がします。

私は仕事の中の楽しい部分を探したり、業務成績が上位ということをモチベーションとして頑張っています。

業務成績が私より下の職員が先に出世するのは歯がゆいところもありますが、まあ試験制度を採用してるので仕方ありません。

私「業務成績が高いので試験成績に関係なく昇進させてもらえないかなあ」

師匠「業務成績が高い=上司としての能力がある、ではないからじゃな」

私「そうですよねぇ」

師匠「ただし、試験成績が高い=上司としての能力がある、という訳でもない」

私「では何のための昇進試験なんでしょう?」

師匠「ホッホッホッ」

仕事のモチベーションを保つにはどうすれば良いのか

さて、年齢が上がるとモチベーションを保つのが難しくなりますが、仕事のモチベーションを保つにはどうすれば良いでしょうか。

出世による仕事のコントロール量増加

まず考えられるのは出世だと思います。平社員から係長へ、係長から課長へと出世していくことで仕事がより自由に自分の考え方でできるようになっていきます。仕事をコントロールしたいと思っている人には出世は大きなモチベーションとなるでしょう。

また、出世による見栄も大きな影響があります。若手の職員に対して、四十代になっても平社員というのと、四十代で係長というのでは自尊心が大きく異なる人も多いでしょう。

「あの人、まだ平社員なんだね」

と陰で言われても平気な人(私も平気ですが)ならいいですが、周囲と比較してしまうのが普通でしょう。そうなると仕事云々より見栄で出世したいという、やや斜めではありますが、そのような考え方からモチベーションを保とうということになります。

 私「見栄での出世はアリですか?」

師匠「仕事が出来るから出世するわけじゃ。だからアリじゃろう」

私「でもそういう人は出世したら仕事をしなくなるのでは」

師匠「それなら降格させれば良いじゃろう。どんなモチベーションで出世してもいいのじゃが、出世したポジションに見合うだけの仕事をすればいいのじゃ」

私「なるほど」

給料アップによる自由度増加

次に給料アップも大きなモチベーションでしょう。給料が上がることで家を購入したり、高級レストランに躊躇することなく行けたり、海外旅行に行けたり、子供を塾に行かせて私立中学校に進学させたりすることも出来るようになります。

私は現在はかなり自由に仕事をやらせてもらえる立場ですが、しかし周囲の社員と比較すると給料が低いことは気になっています。

現実問題、出世しないと給料は上限があるため、上がらなくなります。特に平社員ですと四十代で給料アップが止まってしまうことも多いでしょう。

出世できない社員のモチベーション

では私のように出世できない社員がモチベーションを保つには他にどのような方法があるでしょうか。

どうせ出世させてもらえないのならば仕事も適当に済ませる社員がほとんどではいいでしょうか。そりゃそうですよね。一生懸命仕事を頑張っても評価されないのではやる気は起きません。仕事が評価されないならば逆に仕事を頑張る理由はないわけですから、定時にさっさと帰ります。また、逆に給料を増やそうと意図的に仕事を遅らせて残業するかもしれません。

 私「この際、全員出世させるのはどうでしょう?」

師匠「能力がなくても?」

私「ええ。ただし、能力が足りない方はあまり重要ではないポジションにすると」

師匠「確かにモチベーションアップにはなるな」

上司が仕事ぶりを褒めることもモチベーションアップになりますが、それとて一過性のもので長続きはしないでしょう。

もしこれが転職当たり前の企業や業種ならば、この会社での出世が見込めないと判断すればすぐに転職するでしょう。優秀な社員ほど能力を評価してくれる企業に移るはずです。

しかし日本では転職はまだまだ一般的ではありません。一つの会社に長く勤め上げることが多いわけで、出世できず、なおかつ転職出来ない場合は平社員のままその会社に留まることになります。

会社ライフを楽しんでしまおう

そうなると、会社に行きたくなるような理由、会社が楽しくなるような理由を無理やりでも個人で作り上げなくてはなりません。

何だかおかしな話になってきましたが、でもきっとこの考え方が正解のはずです。いや、それしかありません。他にモチベーションアップさせる方法が見あたりません。

会社内で同じ趣味の人同士が集まるクラブを作るとか、職場の机の上にお気に入りのフィギュアを置いて飾るとか、何かの用事で他の部署に行くときは必ず何人かと20秒程の雑談をして帰ってくるとか、とにかく自分が会社にいて楽しくなるような理由を作りましょう。

私のモチベーションについて

ちなみに40代平社員の私は、あちこちの職場で平均以上に雑談しています。雑談とは言っても仕事の話を聞いて情報収集して、組織を横断した提案をしたり改善したりしているのでサボリとは違います。

雑談するとその社員との親しみが増し、いざというときに助けてくれることもあります。そんな他の社員との関係性構築が私にとってはとても楽しく、仕事のモチベーションになっています。

また、もう一つのモチベーションは、下記の記事にも書きましたが、職場のマニュアル作りです。非効率で無駄に時間を費やしている仕事を発見すると、「よしっ、効率化してやる!」とワクワクしてきます。

おそらく私ほど職場のマニュアルを作成し、また残業時間を大幅に削減している社員はいないのではないかと自負しています。

ただ、私の改善提案を受け取ってくれる社員と受け取らない(能力的に受け取れない)社員がおり、受け取らない社員に対してはどのように納得してもらえばいいのかが今後の検討課題かなあと思っています。

仕事術:その仕事のマニュアルは新人でも分かるよう作成されているか

 

ちなみにこのブログのタイトルは「四十代平社員の起床」ですが、今回の昇進試験も不合格だったため、引き続きこのタイトルのままとなります。めでたし、めでたし(笑)。もし受かっていたら「四十代、あと数年でおそらく係長の起床」とかにしていたかも知れません。

こんな記事も書いています。

仕組み:転職や部署異動のあと、新しい仕事はどのように習得していくのが良いのか?

対応力のレベルアップ「周囲の話や出来事に聞き耳を立て、自分の仕事と仮定して考える」