出世できず40代でも平社員の私に起きた5つのこと

私たち全員が社長になることはできません。

入社したその日から出世レースが始まります。全員役員になることもありませんし、部長になることもないでしょう。

40代平社員の私としては、そもそも自分がレースに参加できているのかさえ怪しくなってきました。

「ほら見て! あいつ、スタートの号砲が鳴るのを聞き逃してまだ屈伸してるよ!」

そんな声が聞こえてきそうです。

出世しないとこんなことが起きます

入社したからと言って、必ず昇進しなければいけないわけではありません。

中には昇進の話を断る人や、出世に興味がない人もいるでしょう。

しかし「出世していないとこんな出来事に遭遇する」ということを、やや警告も含めて5つ紹介します。

まだ就職して間もない人は参考にしてください。

1.若手がタメ口で話しかけてくる

出世できないと、新入社員にも「そういう人」というレッテルを貼られます。

大多数の社員はそれでも丁寧語で話しかけてきます。まあ、当たり前です。

しかし、一部の若手からはタメ口で話しかけられます。「何だ、コイツ」と腹が立ちました。

しかもそういう若手に限って上司にはゴマをすったりします。出世には強い意欲を持っています。

確かに役職から上下関係を考える人もいておかしくありません。私は昇進してないのだから仕方ないのかもしれません。

・・・まあ、そんなことがありました。

2.平社員だけが集まる謎の研修に参加させられ

これは衝撃でした。

「今度研修に参加してね」と人事部から手渡された説明書を読んで、自分がどのように評価されているか感じました。

確か「振り返りのための研修」という、かなり無理やり感のある半日間の研修ででした。

「こんなのもらっちゃったよ!」

と内心やけくそ気味に周囲の同僚に説明したのを覚えています。

何歳以上で区切られていたのか分かりません。研修を受けたのは私が40歳ぐらいのときで、出世していない社員だけが大きな会議室に集められました。

隣の席に座った私より年配の男性は、IT部門で勤務している物静かな人でした。

「知識や経験を若手の人にしっかり伝えることは意識してるんだ」というようなことを話していたのを覚えています。

ちなみに、この研修を受けたことによって、特に考え方が変わるようなことはありませんでした(笑)。

しかし、出世していない社員を「会社がどう見ているのか」ということはよく理解できました。

3.同期との飲み会、金額に焦るときがある

私以外の同僚はみな出世しているので、私とは受け取っている給料が違います。

いくら違うのかは分かりませんが、さすがに40代ともなると100万円以上異なるのではないでしょうか。

出世に伴う大きな変化の一つです。

そのためか、飲み会のグレードも新入社員時とは上がっています。真顔で6,000円台のコースを提案されると不安です。

もし「あと、フィレ3人まえね~」とか「獺祭二割三分お代わり~」と頼む同僚がいたら、睡眠導入剤を飲ませようと考えています。

または背後に隠し持った斬鉄剣で素早く峰うちを狙います。

そんなわけで「6,000円あれば子どもに何を買ってあげられるだろう」、「飲み会を断る理由はないかしら」と考えるようになりました。

4.自分より仕事ができない上司に腹が立つ

出世する人が全て優秀なわけではありません。

事務処理ができるだけの人も優秀と判断されると出世してしまいます。上司のお切りに入りだから出世する人もいます。

その場合は管理能力とは関係ありません。出世した途端に仕事ができなくなる社員を何人も見かけます。

【考察】なぜ仕事が出来ない上司がいる(出世してしまった)のか考えてみた

数年前から「もし自分があの上司のポジションだったらもっと効率的に仕事をこなし、1.3倍くらいは利益を増やせるのに」

などと思うことが増えてきました。

そう思う度に仕事ができない上司に腹が立ちます。上司の勉強不足に腹が立ちます。

出世できないことで、他人の仕事ぶりにストレスを感じてしまいます。

5.残業しなくても何も言われない

最後の1つはメリットです。

私はあるときから残業は可能な限りしないように努めています。

家族サービスを増やすためですが、そのために仕事の効率化に関する書籍を色々と読み漁りました。

「仕事をすぐやる人の習慣」(PHP研究所)は何回も読み直しました。

周囲にもそこで得た方法を勧めることがありますが、実際に真似してくれるのは本当に忙しい社員だけです。

普段からだらだらと仕事をしている人は変わりません。

私も以前はそうだったので気持ちは分かります。効率化と言われても本当にその意味が分からないのです。

また、残業をしないためには、仕事で成果を出し続ける必要があります。

そうではないと、単に「平社員ですぐ帰る人」になってしまい、同僚との人間関係が悪化します。

「あいつだけまたすぐ帰って」

と思われるだけです。ある程度の成果は出しましょう。そうすれば残業しなくても文句は言われません。

 

以上、出世しない私に起こった5点を上げてみました。平社員の私が言うのも何ですが、少しは出世意欲が上がったでしょうか(笑)。

こんな記事も書いています。

【仕組み】昇進試験、また落ちました。(6回目)給料も上がらなくなってきて、モチベーションはどうすれば保たれるのか