お金が無くても楽しく過ごす

私は四十代になってもなかなか出世出来ずに今も平社員なのですが、そのため給料があまり上がりません。出世は個人の努力だけではどうしようもない部分があると半ば諦めているのですが、給料が上がらないのであれば、それなりの生活レベルで留める必要があります。お金の掛からない生活をしなくてはなりません。

例えば車は買えません。車は購入費用のほか、税金やメンテナンス、車庫代が継続的にかかります。私は車を購入したことはないので詳細は分かりませんが、購入費などを分割すると毎月五万円以上は掛かる計算となるでしょう。

お酒は職場の歓送迎会以外ではほとんど飲みません。飲みに行くと一回で4000円は掛かると思います。その代わりとは言えないかも知れませんが、

海外旅行もなかなか行けません。その代わり、私の趣味の一つはゲームです。PS4だけを持っています。平日は余裕時間が無いので土日の空き時間に少しずつ進めていますジャンルはゲームの中でも旅している気分を感じられるものを選んでそればかりやっています。

もともと海外一人旅が趣味だったのですが、子どもが生まれると途端に自分の時間が無くなりました。実感として一日あたり三時間無くなった感覚です。子どもを海外に連れて行くわけには行かず、かと言って妻に子どもを頼んで行く訳にはいきません。

そのため海外旅行に行く気分をゲームの中で味わっています。西洋の古い街並みや緑に囲まれた東南アジアの自然のような世界で主人公を動かしていると、本当に自分がその場にいて観光している気分です。いや、ゲームの中とはいえ本当に観光しているのです。

主人公が空を見上げれば実際の視点も見上げることになり、大聖堂の尖塔が青空と共に視界に飛び込んできます。現実世界の観光と異なるのは、実際その場にいるかどうかという点ぐらい。ネット上では「あの景色が美しいよねえ」と他者と共感することも出来ます。

一生に一度は見てみたい世界遺産などがあるように、一生に一度は見てみたいゲーム内の景色があるはずです。世界遺産もそこに至るまでは長い距離や時間を掛けてたどり着きますが、ゲーム内であってもそれは同じこと。困難を乗り越えてやっと見ることが出来る光景もあります。

今後さらにCGが精密化し、テレビ等の画質も向上し、VRが普及するようになれば、現実世界よりも美しい光景が、視力が低い人や忙しくて出かける暇もない人、出かける金銭的余裕が無い人、体力が無い高齢者、入院中の患者まで誰もが楽しめる時代が来るでしょう。

そしてこの現実世界でさえすでにGoogle マップが作られているのです。Googleが近い将来性、この世界を丸ごと3D化するGoogle3Dを作り上げ、VRによって誰もが世界中を観光できるサービスを提供してくれるでしょう。

・・・話が大きく逸れすぎました。

YouTubeを楽しむのもいいですね。好きな動画を見ているとあっと言う間に時間が過ぎていきます。私はゲームが好きですが、他人がプレイしているゲームの実況中継を見るのも好きです。時間がいくらあっても足りません。

小説も随分と読みました。どこでも場所を取らずに読めるのがいいです。文庫本で買えばお金もそれ程掛かりません。

また、以前は山手線一周散歩や坂道巡りなどの散歩もしていました人通りが全くなくなる休日のオフィス街も歩いていて面白いです。スマホでパシャパシャと写真を撮っていました。

そういえば一人で写真を撮っていたら警察官に何を撮ったか見せてくださいと注意されたことがあります。ちょうど私が撮っていた景色の先にアメリカ大使館があったためとのことでした。

散歩は交通費以外は掛からず、また、自分の知らない景色を見ながらのんびり過ごせるのでお勧めです。しかも身体を動かすことで健康にもいい。

生活レベルを上げずに過ごす

生活レベルは一度上げてしまうと落とすのが大変だという話を聞きます。いい所に住む、車を持つ、美味しい物を食べる、いい服を着る、子どもを塾に通わせ私立中学に入学させるなど、上げようと思えば切りがありません。