【仕組み】初めは抵抗があっても、習慣化できると気持ちが楽になっていく

学生時代の勉強は重要です。特に理系分野の大学に進む場合は絶対です。個人で実験等はできません。

「高校時代に勉強しておけば良かった!」と思ってももう遅いです。理系分野への大学進学は、その時でなければほぼやり直しができません。

一方で、社会人になってからの勉強も重要です。学生と違って社会人では勉強が即仕事に直結します。

組織の中で仕事をしていると、勉強をしている人としていない人の差がよく分かると思います。上司だから勉強している訳ではありません。

1 「管理能力」は無いが、部下としては優秀だった。

2 昇進試験は得意だった。

3 上司に気に入られてた。

そんな理由で上司になってしまう人もいるからです。

しかし勉強していない上司だと、何かイレギュラーな事態が起こった際に臨機応変な対応が出来ません。コロナ禍では特にはっきりしたのではないでしょうか?

社会人は勉強できる時間があまり無い

社会人は学生時代ほど時間がありません。

一般的に30代ともなると、子どもの面倒で毎日2時間は費やします。40代ともなると、親の介護や医療でも時間を費やすことになる可能性があります。

全力で仕事に打ち込める期間は実は少ないわけです。

そんな貴重な20代を何もせず過ごしてしまった、という方も多いと思います。私も完全に遊んで過ごしました。英会話でもやっておけば良かった(身につかなかった確率90%ですが)と後悔しています。

それでも空いた時間に勉強することは重要です。短い時間でも良いので、毎日継続して勉強することが重要です。

まとまった時間が確実に取れる電車の通勤時間や、毎日会社帰りに喫茶店で20分勉強するなどが考えられます。

習慣化の効果は大きい

何でもそうですが、習慣化は初めのうちは抵抗があると思います。自ら進んで楽しい、やりたいと思うもの以外は特にそうでしょう。

しかし、それでも勉強を習慣化していくと、次第にその習慣に抵抗が無くなってきます。寝る前に歯磨きをするのが当たり前のように、体を洗うのは左手から始めるように、当たり前のことと認識し始めます。

そうなれば後は継続するのみです。むしろその日に勉強しないことの方が違和感を覚えるでしょう。

こんな記事も書いています。

仕組み:あえて各駅停車に乗ることで毎日の読書(勉強)時間を確保してしまおう